☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

〜英会話はまず一言フレーズから〜

いきなり全てを言おうとしないで下さい

――――――――――――――――――――――――――――― 

こんにちは、発行人のYOSHIです。

 今日は買い物の話の続きです。海外の個人商店
とかでは値引きをトライしないなんて損、損!
今日、一番基本的なフレーズだけでも覚えてしまいましょう。


今日のメニュー

■3つでいくらにしてくれませんか?
■編集後記

___________________________________

■3つでいくらにしてくれませんか?
___________________________________

 私の運営する英会話教室、CozyETF
http://cozyetf.biz/
 では中学復習レベルの「その2」、後半でフリーマーケットゲーム
をしています。

 その際、生徒さん達お互いの商品を売買してもらうのですが、
前回ここでお話した、

"Could you give me a discount?" (値引きしてくれませんか?)」

と言ったら

"No, we can't..."

と首を横に振られてしまいました。諦めますか?

そこで以下のまとめ買い表現がお勧めです。

「3つで$100にしてくれませんか?」

と英語で何と言うでしょう?


【回答】

"Could you make it 3 for $100?"

となります。


細かい前置詞の話ですが、(判らなくてもいいです。)

「私の仕事では値段にforを使った事はないですよ?
atの間違いではないでしょうか?」

atは変化している値段、相場などで「この値段で買う!!」と言う
瞬間に使います。店に並ぶ商品の対価として使うのはforです。
とは言え、「値引いて値引いて…よし!この値段なら買う!!」
と言うニュアンスならatも十分あり得るのではないでしょうか?

蛇足ですが、このitは値段のitです。



個人商店は本当に日銭を稼いでいる感じです。
$1でもその日の儲けを増やしたいので、売る側の立場になって
見るとこれも自然だと言う事に気づくでしょう。
いくらで作った?いくらで仕入れた?なんて考える必要は
ありません。

一方デパートなどでは値引きは無理ですよ?
レジさんに値切り権はありません。個人経営の店だけです。

是非みなさんも試してみて下さい。


さて、実は私、約5年前も無料メルマガを刊行していました。、
以下はその履歴サイトです。
「初心者向けの英会話フレーズ 1日1フレーズ 〜暮らしにリンクしながら〜」

是非ご覧になって下さい。

ではまた
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
しばらくは、メルマガ配送開始記念として
「英語の月覚え歌:ジュニアの実践、婆ちゃんプロポーズ」
を1月ずつ紹介していこうと思います。

(曲は「ジングルベル」で・・)
8月:8月プランは「大掛」かり。♪
9月:次回のお楽しみ
(大掛(おおが)→August)

焦らされまくった主人公は8月、大掛かりなプランを練っている
そうです!ワクワク・・・(=^^=)

ではまた次回・・。購読&ご紹介宜しくお願いしま〜す。(^-^)b
___________________________________

メールマガジン「英会話はまず一言フレーズから」
いきなり全てを言おうとしないで下さい

☆発行責任者:YOSHI☆発行責任者:YOSHI
☆:公式サイトCozyETF
メルマガ購読・解除 ID: 1647075
〜英会話はまず一言フレーズから〜 いきなり全てを言おうとしない
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


バックナンバー

65 64 63 62 61 
60 59 58 57 56 
55 54 53 52 51 
50 49 48 47 46 
45 44 43 42 41 
40 39 38 37 36 
35 34 33 32 31 
30 29 28 27 26 
25 24 23 22 21 
20 19 18 17 16 
15 14 13 12 11 
10