☆★☆――――――――――――――――――――――――――――


〜英会話はまず一言フレーズから〜


いきなり全てを言おうとしないで下さい


――――――――――――――――――――――――――――― 

こんにちは、発行人のYOSHIです。

 もう年末ですね。皆さん、お正月の準備などにお忙しいのでしょうか?
 
 あるイベントが近づいて来るまで、その期待感を盛り上げて行くのが
日本の文化でしょうか?

 例えばX'masのツリーを未だに飾っていると、どちらかと言えば
恥ずかしい?のが日本ですが、下手すると2月までX'masツリーが飾って
あるかも知れないのが欧米?の文化らしいです。

 うーん・・X'masツリー見ながらお餅食べたくないですよね…。


今日のメニュー
■「エネルギッシュ」はジャパニーズジャーマン!?
■編集後記 〜YOSHIの英語修行体験記〜その40

___________________________________
■「エネルギッシュ」はジャパニーズジャーマン!?
___________________________________

 皆さん、「カタカナは英語から来てるもの・・」と思いがちですよね。
radioを「ラジオ」と読むのは、本当に英語教育以外でも止めて欲しいです。
でも、これは英語であるだけマシ・・とか私は思っています。

 「えっ!?カタカナが英語じゃない時ってあるの?」
 と思ったかも知れません。あるんです・・。
___________________________________
理屈よりイメージで覚える…そんなサイトを目指して作りました。
「子供の英語学習の為の無料サイト」  
http://kids.inventive-english.net/
___________________________________

 「エネルギッシュ」と言う言葉、USAで通じるんでしょうか?

 energisch(エネルギッシュ)はドイツ語。
ジャパニーズイングリッシュでも何でもありません。
言うならジャパニーズジャーマン?


 では英語で言うなら?

energetic(エナジェティック)と言います。
アクセントは「ge」に付き、意味は「活気に満ちた」と言う意味です。


 名詞でエネルギー(Energie)もドイツ語、英語ではエナジー(energy)
と言います。こちらの方が若干早く日本に定着していますかね?


 ■編集後記 〜YOSHIの英語修行体験記〜その40
___________________________________

 文法発音指導法の講師はキャリアンと言う女性。
結構厳しく教えてくれます。もっとも、私達は先生になろうと言う
のですから、発音、文法は厳しくしてもらわなきゃいけませんよね?

 生徒は順番に、クラスを共にする生徒達をモデル化して自分の
担当した箇所を授業しなければなりません。
 2名コンビで授業をする事になりました。私のパートナーは
某韓国人女性です。


 皆の前に立つのを非常に恥ずかしがる生徒、母国語の発音をひきづり
まくっている生徒、色々でしたが、私もきっと人の事言えないような
講師に見えていたのでしょうね(汗)


つづく
___________________________________

と言う訳で今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
ではまた次回・・。購読宜しくお願いしま〜す。

メールマガジン「英会話はまず一言フレーズから」
いきなり全てを言おうとしないで下さい

☆発行責任者:YOSHI
☆公式サイト:http://cozyetf.biz/

メルマガ購読・解除 ID: 1647075
〜英会話はまず一言フレーズから〜 いきなり全てを言おうとしない
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


バックナンバー

65 64 63 62 61 
60 59 58 57 56 
55 54 53 52 51 
50 49 48 47 46 
45 44 43 42 41 
40 39 38 37 36 
35 34 33 32 31 
30 29 28 27 26 
25 24 23 22 21 
20 19 18 17 16 
15 14 13 12 11 
10