☆★☆――――――――――――――――――――――――――――


〜英会話はまず一言フレーズから〜


いきなり全てを言おうとしないで下さい


――――――――――――――――――――――――――――― 

こんにちは、発行人のYOSHIです。

 こんにちは いかがお過ごしですか?

 今日のお話は某有名ファーストフード店のCMできっと

聞いた事があるフレーズをご紹介しますが、皆さんは

どこかお気に入りのファーストフード店はございますか?


今日のメニュー
■ I'm lovin' it!! と聞いて何を頭に描きますか?
■編集後記 〜YOSHIの英語修行体験記〜その43

___________________________________
■ I'm lovin' it!! と聞いて何を頭に描きますか?
___________________________________

 私は中学生の時に、loveやstayなどは-ingの形は取らないと習いました。

 何故なら、それらの動詞自体、日本語では「愛している」「滞在している」
と言ったところで、「している」ような動作は無いからだと言われました。


 ある日、私の友人(カナダ人)に「I'm lovin' it!!」のlovin'って何?と
尋ねると、lovin'とはlovingの略だと言うのです。

 えっ!?だって「loveは-ingはあり得ない」と昔習いました。

そう彼に疑問を投げ掛けると、納得?の答えが返ってきたのです。

___________________________________

年齢制限ありの『英会話サークル45』が誕生!
http://park.inventive-english.net/
___________________________________

 友人が言うには、この宣伝の中では人が、口にハンバーガーを入れて
ハムハムモグモグ食べて、

「I'm lovin' it!!」

 この「love」は「食べて楽しんでいる最中なんだよ」と言う意味で
loveに-ingを付けて表現しているのだそうです。

 つまり、「eat + love」と言うニュアンスでしょうか?
それなら「loving」となっても動作があるので問題ないと言う事になります。

 こんな身近なところに新しい発見があるものなんですね。

___________________________________
 ■編集後記 〜YOSHIの英語修行体験記〜その43
___________________________________

 体験指導2回目の続きです。

 前回の話で私は、各生徒それぞれに役を与え、プロフィールを書く
授業を始めた所までお話しました。

 次はそのプロフィールを集めて、男性のプロフィールなら女性へ、
女性のプロフィールなら男性に手渡します。


 次は各自、自分の受け取ったプロフィール相手をデートに誘い出す
メールを英語で書いてもらったのです。

 その際、アプローチの言葉とともに、デートの場所も必ず書いて
もらうルールにしたのですが、結構この設定が偶然にも面白い結果を
呼んだかも知れない・・と今思ったりしています。

 続く
___________________________________

と言う訳で今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
ではまた次回・・。購読宜しくお願いしま〜す。

メールマガジン「英会話はまず一言フレーズから」
いきなり全てを言おうとしないで下さい

☆発行責任者:YOSHI
☆公式サイト:http://cozyetf.biz/

メルマガ購読・解除 ID: 1647075
〜英会話はまず一言フレーズから〜 いきなり全てを言おうとしない
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


バックナンバー

65 64 63 62 61 
60 59 58 57 56 
55 54 53 52 51 
50 49 48 47 46 
45 44 43 42 41 
40 39 38 37 36 
35 34 33 32 31 
30 29 28 27 26 
25 24 23 22 21 
20 19 18 17 16 
15 14 13 12 11 
10